FC2ブログ

西谷修アーカイブその7「ゴロマキ権藤」

2009年11月14日のエントリーです。
現在は近畿圏で「あしたのジョー2」の再放送は行われておりませんのであしからず。
文の終りのほうを若干省略しています。



最近ABCテレビの深夜枠でテレビ版「あしたのジョー2」の再放送が始まった。

原作を知ってる人ならわかると思うのだが、力石戦後の放浪時代から話が始まり、最後のホセ・メンドーサ戦までが舞台になっている。

原作は読んだことあるし大好きな漫画なのだが、アニメはあんなに有名なのに観たことなかったので、こりゃうれしいね、と観はじめたのだ。

で、その第一話。

僕はとあるキャラクターに釘づけになった。

それが、ゴロマキ権藤である。

「ゴロマキ」とは「ケンカ」の意。つまりゴロマキ権藤は、そのケンカの腕を資本に全国を渡り歩く、用心棒のプロフェッショナルなのだ。

原作にも登場するゴロマキ権藤。その名前のインパクトから、僕もよく覚えていたキャラクターだ。

しかし、「あしたのジョー2」第一話にその姿をあらわしたゴロマキ権藤の魅力といったらどうだろう。

声優の渡部猛さんの声、芝居もあいまって尋常でないダンディズムである。

すっかり魅せられてしまった。

その後、僕はゴロマキ権藤の動画を探し求め、DMMで「あしたのジョー2」第38話をピンポイントで購入する。

その第38話のタイトル…「意外な訪問者…ゴロマキ権藤」
実に魅力的なタイトルである。

マレーの野生児・ハリマオとの対戦を控えたジョーは、野生の勘を取り戻すべく、ケンカスパーリングを思いつき、その協力をあおぐべく、ゴロマキ権藤を探し夜の街を訪ね歩く。
そしてとある居酒屋で再会する二人。


ゴ「わざわざあたしを訪ねてくだすったんだ。よっぽどのことですね。」

ジ「是非、あんたにって思って…。」

ゴ「わかりました。お引き受けしましょう。」

ジ「え?…俺ぁまだ何も…。」

ゴ「男がよくよくのことでやってきた時…矢吹さん、あんたワケを聞いて引き受けたり、断った
りしますかね?」

ジ「…ありがとよ。」


…うーむ、しびれる! なんという男臭さ! 無尽蔵のダンディズムである。

ちょっとしばらくは、ゴロマキ権藤の魅力から逃れられないように思う。


Laboremus - さあ、仕事を続けよう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

西谷ジェントルマン

Author:西谷ジェントルマン
自称・総合芸能家、西谷修です。

シンガー、俳優、コント師、MCとして活動しています。
非常にローペースですけどもね。

・シンガーとして
アコースティックユニット「ラボレムス」のボーカルとして活動しています。
昭和フォークや、60年代〜80年代の洋楽をコピーしています。
最近はオリジナル曲も歌うようになりました。

・俳優として
関東の劇団「劇団破戒オー!!!」の劇団員です。

・コント師として
コントユニット「百萬両ジェントルマン」でごくたまに活動しています。

あと、頼まれたときにMCやったりします。
普段は塾とか予備校で国語の講師したりしています。

とにかくまあ、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる