FC2ブログ

嬉しいご報告

ご報告が遅くなりましたが、9/14(日)に「にしきた音楽祭 LALALAミュージシャンコンテスト2014」の予選にラボレムスが出場してまいりましたー。
結果!!
見事に決勝進出!!
わーい! やったー!
2年ほど前から街フェスやコンテストに出場しはじめましたが、形になった結果は初めてで、ほんとうに嬉しく思っております。
決勝は10/22(水)の17:30~ 西宮北口の県立芸術文化センター中ホールで! ド平日ですが、おヒマなら是非!
にしきた音楽祭のHP
http://www.nkrk.org
Laboremus - さあ、仕事を続けよう
スポンサーサイト



ラボレムスの2014年・秋

久々にラボレムスの出番でーす! 歌います! 2つ出ます!

・にしきた音楽祭 LALALAミュージシャンコンテスト 予選

9/14(日) 15:00~
西宮ガーデンズ4F 木の葉のステージ

3年連続3回目の出場となりました。
コンテストなので1曲だけです。ラボレムスの出番は16時過ぎです!


・天満音楽祭2014

10/5(日) JR天満駅前ステージ

関西でも最大級の街フェスです。たくさん会場があるんですが、めっちゃいい場所が当たりました!
ラボレムスの出番は13:50頃~ です。

大きな舞台が続きますので、気合い入ります! がんばりますので、時間空いてたら聞きに来てくださ~い。


Laboremus - さあ、仕事を続けよう

2014年初出演じゃけぇ、ブログも再開じゃ。

うーむ、ちょっと気を抜くとすぐブログの更新が滞るなぁ。
まさか前回のエントリーから一年も経っているとは(笑)

ラボレムス、出ますので、ブログでご紹介。
それも2週連続なんですよ。


「大宮グッドフェスティバル2014」
5/4(日) 阪急大宮駅周辺で開催される街フェスです。
数会場でライブや展示がおこなわれます。

ラボレムスの出番は
「ふら~っとホーム」14:40~15:05

です。京都の近くの方! ぜひ!!

大宮グッドフェスティバル2014HP
http://oomiyafes2014.jimdo.com/


もう一丁!

「第14回神戸新開地音楽祭」
5/10(土)、11(日) 神戸の湊川公園~新開地商店街の一帯で行われる街フェスです。
関西でも最大級の一般参加型フェスで認知度も高いイベントですね!

ラボレムスの出番は
「みなとがわステージ」5/11(日) 12:40~13:10

です!
ラボレムスが街フェス出演を考えるきっかけとなったイベントです。
是非とも見に来ていただければ!!

神戸新開地音楽祭HP
http://shinkaichi.or.jp/ongakusai/


6月以降も色々と出演ありそうです。またお伝えさせていただきます~。
なにとぞよろしくお願いいたします<(_ _)>



Laboremus - さあ、仕事を続けよう

西谷修アーカイブその7「ゴロマキ権藤」

2009年11月14日のエントリーです。
現在は近畿圏で「あしたのジョー2」の再放送は行われておりませんのであしからず。
文の終りのほうを若干省略しています。



最近ABCテレビの深夜枠でテレビ版「あしたのジョー2」の再放送が始まった。

原作を知ってる人ならわかると思うのだが、力石戦後の放浪時代から話が始まり、最後のホセ・メンドーサ戦までが舞台になっている。

原作は読んだことあるし大好きな漫画なのだが、アニメはあんなに有名なのに観たことなかったので、こりゃうれしいね、と観はじめたのだ。

で、その第一話。

僕はとあるキャラクターに釘づけになった。

それが、ゴロマキ権藤である。

「ゴロマキ」とは「ケンカ」の意。つまりゴロマキ権藤は、そのケンカの腕を資本に全国を渡り歩く、用心棒のプロフェッショナルなのだ。

原作にも登場するゴロマキ権藤。その名前のインパクトから、僕もよく覚えていたキャラクターだ。

しかし、「あしたのジョー2」第一話にその姿をあらわしたゴロマキ権藤の魅力といったらどうだろう。

声優の渡部猛さんの声、芝居もあいまって尋常でないダンディズムである。

すっかり魅せられてしまった。

その後、僕はゴロマキ権藤の動画を探し求め、DMMで「あしたのジョー2」第38話をピンポイントで購入する。

その第38話のタイトル…「意外な訪問者…ゴロマキ権藤」
実に魅力的なタイトルである。

マレーの野生児・ハリマオとの対戦を控えたジョーは、野生の勘を取り戻すべく、ケンカスパーリングを思いつき、その協力をあおぐべく、ゴロマキ権藤を探し夜の街を訪ね歩く。
そしてとある居酒屋で再会する二人。


ゴ「わざわざあたしを訪ねてくだすったんだ。よっぽどのことですね。」

ジ「是非、あんたにって思って…。」

ゴ「わかりました。お引き受けしましょう。」

ジ「え?…俺ぁまだ何も…。」

ゴ「男がよくよくのことでやってきた時…矢吹さん、あんたワケを聞いて引き受けたり、断った
りしますかね?」

ジ「…ありがとよ。」


…うーむ、しびれる! なんという男臭さ! 無尽蔵のダンディズムである。

ちょっとしばらくは、ゴロマキ権藤の魅力から逃れられないように思う。


Laboremus - さあ、仕事を続けよう

西谷修アーカイブその6「どうしたんだ吉田兼好」

2009年1月29日のエントリーです。



先日、仕事でとある高校の入試問題をせっせと解いていたらこんな古文に出会った。


 筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが、土大根を万にいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひける事、年久しくなりぬ。
 或時、館の内に人もなかりける隙をはかりて、敵襲ひ来りて、囲み攻めけるに、館の内に兵二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、皆追い返してげり。いと不思議に覚えて、「日比ここにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、「年来頼みて、朝な朝な召しつる土大根らに候う」と言ひて、失せにけり。
 深く信を致しぬれば、かかる徳もありけるにこそ。
                              (徒然草 六十八段)

<西谷訳>
 
 九州の筑紫に、押領使のなんとかさんという人がいましたが、彼は大根が何にでも効くすごい薬だと信じて、長年の間、毎朝二つずつ焼いて食べておりました。
 あるとき、館に誰も家来がいない時を狙われて、敵が襲い掛かり、館を囲まれてしまったところ、館の中から兵士が二人出てきて、命を惜しまず戦い、敵をみな追い返してしまいました。押領使のなんとかさんは、とても不思議に思って、「普段私に仕えているお方とも見えませんが、このように戦っていたただいて、いったいどなたですか?」と聞くと、その二人の兵士は「私たちはあなた方が長年体にいいと信じて、毎朝召し上がっている大根でございます」と言って消えてしまいました。
 何かを深く信じると、このような功徳もあるものなのですねえ。


……。なんなんだこの話は。

そもそも、「徒然草」といえば鎌倉時代に吉田兼好が書いた名著で、やれ「財産を子供に残すといいことは無い」だとか、「何かを思い立ったら、ほかの事は捨ててしまって、速やかに実行するべきである」とか、日本人としては深くうなずけるような教訓に満ちている随筆集だ。

それが、どうしたんだ吉田兼好。

毎朝大根を二つ食べる押領使も相当おかしな設定だが、何で大根が兵士になって戦うんだよ。おとぎ話を通り越してSFに近い話だ。
そもそも押領使は体にいいと思って食べてたのに、大根が戦って「かかる徳もありけるにこそ」とはどういうことだ。

なんともツッコミたくなってしまう話だ。

僕はこの話に出会ってからというもの、笑い話として、出会う人出会う人に、話して聞かせた。

みんな一様に、「何だその話は!」と大笑いした。

しかしその中でこんなことを言う人がいた。

「兼好ともあろう人がそんな荒唐無稽な話を何の考えもなくするはずが無い。ちゃんと意図を持って、あえて大根のような日常的な物を使って話を作ったのではないか」

なるほど…確かに読みようによっては「すごくちっぽけなものでも、強く信じると、思いもかけないいいことがある。人間の信じる力はすごいのよ」という例を示すために、あえて大根という超日常的なアイテムを使って、超常現象的なことを起こしてみせた、とも考えることができる。

そして読者に対してものすごいインパクトを残すということも事実だ。

事実、僕はもうこの話を忘れようも無いほど、深く心に焼き付けてしまっている。

もしそんな計算がなされているのなら、それはやっぱり、吉田兼好がすごいということになる。そうかやっぱり兼好はすごいんだ。

そんな風に納得してしまった。

国語の講師をやってると、こんな風に、普通に生きてたら絶対に出会えない文章に出会うことがある。
そして、自分の中にさまざまな提起をすることがある。

それってちょっといいことだな、と思ったりする。

まあずっと塾の講師やってるつもりはねえけどさ。今回もそんな出会いをしてしまったかな。なんて思う。

今の仕事はこれだからね。歌もがんばって、仕事もちゃんとがんばろうっと。


……。

ところで、大根って焼いて食えるんだろうか。焼いたらどんな風になるんだろうか。見たこと無いよなあ。
で、焼いたら何をつけて食べればいいのだろう。醤油? 塩?

何とも謎は尽きないなぁ。



Laboremus - さあ、仕事を続けよう
プロフィール

西谷ジェントルマン

Author:西谷ジェントルマン
自称・総合芸能家、西谷修です。

シンガー、俳優、コント師、MCとして活動しています。
非常にローペースですけどもね。

・シンガーとして
アコースティックユニット「ラボレムス」のボーカルとして活動しています。
昭和フォークや、60年代〜80年代の洋楽をコピーしています。
最近はオリジナル曲も歌うようになりました。

・俳優として
関東の劇団「劇団破戒オー!!!」の劇団員です。

・コント師として
コントユニット「百萬両ジェントルマン」でごくたまに活動しています。

あと、頼まれたときにMCやったりします。
普段は塾とか予備校で国語の講師したりしています。

とにかくまあ、よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる